Charles Conder - Orchard Scene
ファッションと占星術のブログをそろそろ更新したいな~と思っているんですが、なんだか今日も落ち着きがないので、来週やることにします(笑)

今週と来週、週末は熊本のほうでクォンタムタッチのワークショップを受けてきます。Lv1は再受講ですが、3月にLv1を受けて練習していくなかで色々疑問なども出てきていたので、再受講も楽しみです。また、来週のLv2は初めてなので、どんなことをするのか!? 触れないし呼吸法も行わないハートからのヒーリング、とっても楽しみです。

プラクティショナーになるためには90時間の記録提出が義務づけられています。そのうちの30時間は自己ヒーリングや植物などのヒーリングの記録でもいいのですが、やっぱり第三者に協力してもらうことが一番勉強になるように思います。

練習するにあたって、私の悩みは「場所をどうしよう」でした。これはクォンタムタッチの前の別のヒーリングをやっていた時から、今後ヒーリングを行うなら遠隔でない限り、必ず場所の問題が出てくるな~とは思っていたこと。

しかし、まずは練習期間は無償でやろうと思ったので、極力お金や手間や負担はかけないようにしようと決め、しばらくは家族以外は協力者様の自宅に出張という形で練習を行っていました。

でも、家にあがって欲しくない(別に変な意味でなく散らかってるなどの理由で)という人もいるでしょうから、レンタルサロンも考慮するか、自宅の空き部屋を片付けたら使えないか!? とも考えていました。

空き部屋といっても物置部屋のようになっていて、そこは母のものが中心に置かれているため、そこを使うなら母の協力が必要となります。相談をもちかけ、最初は渋々受け入れた…という感じでしたが、正直、嫌そうでした(笑)。

が、3月にクォンタムタッチのワークショップを受けてきてヒーリングをしたら態度が激変。よほどこのヒーリングが気に入ったのか、週に4日父の部屋が空くから、使う時は片付けてあげるからそこを使いなさい、と言ってきたのです。確かに物置部屋を片づけるよりは早いし色々便利です。

実際使ってみると、その部屋がいくつかの理由でベストなんです。
でも正直私は悩みました。主に私の心理的な問題なんですけど、抵抗がありました。

しかし、そんな私の気持ちとは裏腹に、母は前向きで私に聞かずに色々な備品を生協で注文してしまいます(笑)
なかには「う、うん・・・」と思うようなものもありますが、もう任せています。
だってその気持ちが嬉しいから。

センスのないゴチャゴチャした部屋になっても、「あのね、こういうのは使えないの。それに私の好みでもない。ああ、私にもっとお金があれば、部屋を借りれたんだけどね…」なんて口を尖らせてイライラ発言し、クライアントがきたらニコニコしてるようなヒーラーになりたくないから(笑)。

家族って、そういうもの。そしてありがちなこと。私にとって大事なことは衝突していないこと。そこをなんとなく理解してくれるような人に来てもらったほうがいいし。でもいつかはちゃんとした空間が欲しいかな。
今週と来週、行ってきます🎶


screenshot





HPは上の画像をクリック。メールレターの登録もHPからどうぞ。