cd55346c0477bbde25bbe26fa9eb6b5b
SEIMEI。どうやら私は羽生選手の伏し目顔が好きなようです

さて、前回からの続きです→羽生結弦選手のバースチャートその①

文書1-1
羽生 結弦 1994年12月7日仙台市生まれ 出生時間不明

もしかしたら試合での彼をあまり見ていない人は、TV番組等でのあまりに優等生な発言から羽生選手のことを地に足の着いた冷静なタイプと捉えているかも知れません。しかし実際の彼は情熱的な芸術家肌の気質。しかも会話、コミュニケーションに関係する水星は射手座で、射手座の水星はデトリメントと言われる、あまり相性の良くない組み合わせです。

つまり羽生選手は決して話上手なほうではなく、実際、興奮して喋りまくってる事も多々あります(他の選手たちのことを忘れて記者会見の時間いっぱい喋っていたこともありました 笑)。大雑把でデリカシーがなくなりがちな射手座の水星を、厳格な土星が90度という不快なしかしそれによって救われもする形で彼の水星にブレーキをかけ、月が水瓶座でロジカルな自分像を大事にしたがることで、あのような話し方になっているけれども、決してナチュラルに話上手なタイプではありません。羽生選手本人は「話すって苦手だなぁ、難しいなあ」と思っているはず。織田信成さんのバースチャートは見たことないけれど、おそらく羽生選手よりずっと穏やかな水星エネルギーを持っているはずです。

b0122046_10545543

では、彼の火星はどうでしょう!? 火星は運動神経、勝つこと、達成すること、ときに攻撃性に関わる天体で、アスリートのホロスコープでは最も注目すべき天体です。

また、太陽はどうでしょうか!? 彼の本質的な自己像は、神話の世界を現代で生きる彼にふさわしい、燦然とそして燦燦と輝くものなのでしょうか。それはまた次回に続きます(引っ張ってすみません)。


screenshot





HPは上の画像をクリック。メールレターの登録もHPからどうぞ。