先日久々にご近所さんにヒーリングをしに行きました。色々あって、気持ち的に今エネルギーヒーリングはしたくなく、年が明けてもぐずぐずしていました。でもこのまま春まで閉じてしまうのもな・・・という気持ちもあったし、お友達も是非にって事だったので行ってきました。

結果、私自身少し自信や自己発見できるようなこともあり、良かったなと思えた一日でした。そのことはまた書きたいと思いますが、ヒーリング後、雑談のなかでお友達といかに西洋医学の薬を減らしながら健康を維持していくかについて少し話し合いました。

西洋医学は保険もきくし、一番力を持っているものであることは間違いありません。こちらの記事にも書いたように→、まともなヒーラー、セラピストは補完療法としての立場を維持し、クライアントが医師の診察や治療を受けることを否定しません。

でも、西洋医学だけが本物の医学とも言い切れないと思います。不調が出て病院通いをして、「これが本当に健康になるってことなの・・・!?」と首をひねった人も多いはずです。
女性の場合はホルモンバランスの変調による心身の不調も出やすく、そこにまた別の不調が加わると本当につらいものです。

とまあ前置きが長くなってしまいましたが、いつもブログを読んでいる香川在住のセラピスト、Chieさんがとても参考になる記事を上げていらっしゃいました。

更年期女性とアシュワガンダ、ハーブなど→こちら

身体を冷やさないとか、生活のリズムを整えるとか、軽い運動を心がけるとか、栄養のある食事をとるとか・・・、サプリメントは西洋医学のお薬よりお金もかかるし一か月ほど飲まないと効果が実感できないこともあります。

だけど、こういうことで身体が応えてくれる自分になろうと決意することは、長い目で見たら自分という存在を大切にすることに繋がります。生命力も上がっていきます。結果、この人生でやれることも増えていきます。自分に対していつも肯定的な心で、手をかけてあげることを忘れないようにしたいですね。


screenshot





HPは画像をクリック。メールレターの登録もHPからどうぞ。